甘いものはお昼3時以降に効果テキメンです

ランチをとってからの話ですが、熱いコーヒーを飲んではまた仕事にとりかかりますが、3時以降になると集中力が低下したり、4時そして5時となると、場合によっては思考停止となることがあります。
疲れた時に気を抜いたらそのまま時間があっという間に過ぎていたりして、人生がもったいないのです。
どうにかして、ボーっとしたり集中力が落ちる時間を無くす為に努力しようと長い間してきましたが、ようやくこの2年間で解決した方法としては、暑いコーヒーを飲む事と甘いものを3時過ぎに食べるという事です。これだけの事で、かなり集中力の低下を抑えられるのです。暑いトールサイズのコーヒーを飲むだけでも全然効果があるので良いのですが、体験からすると、どうしても3時以降は頭に糖分を回した方が集中力が増すので、コーヒーと一緒に甘いものを摂取することが良いのです。
また精神的な所で、仕事に対する「モチベーション」もかなり大切で、将来におけるやりたい事やしたい事、なりたい事への為に、目の前の仕事が繋がっているという意識が大切です。やらされているであるとか、やりたくない仕事をしているとか、将来になりたい自分への理想と関係がないと思ってしまったらとてもコーヒーを飲んで甘いものを取ったとしても効率は下がる一方です。
むしろ、熱いコーヒーや甘いものと言った物質的なものよりも、こういった精神的な支柱の方が最も大事で、やっている事への集中力があれば寝食を忘れるというように、パンとワインで壁画を完成させていったミケランジェロのような没我の時間があるものです。
モチベーションは「突き抜ける人」「突き抜けようとする人」にとって、最大の武器で、人生生きていく上で絶対になくてはならないものです。これがあればどんな困難や試練が合っても必ず乗り越えられるものなのです。芸術家でも政治家でもビジネスマンでもアントレプレナーでもスポーツマンでも結局の所このモチベーションが一番の大切な事だと思われます。弁護士や会計士になる為の受験生等でも言える事でして、とにかく自分が将来どうなりたいという事とリンクしてこそ人生に輝きと馬力がでるのです。

『風俗SM』五反田のお店をご紹介!

大阪にある人気の風俗店